目次

アコムといえば日本の消費者金融でも代表的な存在です。

「はじめてのアコム、はじめてのむじんくん」のテレビCMですっかり有名になり、かつてはサラ金と呼ばれて暗いイメージだった消費者金融に対して、明るい印象を与えることに貢献しました。

ただ、この頃から手軽にキャッシングできるようになったため、お金の借り過ぎが社会問題となりました。

そのためアコムでも簡単にお金を貸してくれるのでは、というイメージが付いたのも事実です。

しかし現在ではどの金融業者でも審査は厳しいとも言われます。

それでは、今のアコムの審査は厳しくなっているのでしょうか。

現在の審査基準や限度額なども調べてみましょう。

■即日融資可能なカードローンについてはこちらから
https://www.bozidar.info/

アコムの成り立ちと現在の経営状況

アコムは金融業者として古い歴史があります。

そして現在では他の金融機関との提携などで大きく業績を伸ばしました。

そんなアコムの成り立ちと、現在の経営状況はどうなっているのでしょうか。

 

呉服店から質屋へ

アコムの創業者は木下政雄という人物です。

といっても、創業当初は金融業ではなく呉服店でした。

戦前の1936年、神戸に出店した丸糸呉服店がアコムの始まりです。

戦後の1947年頃、木下氏は金融業も始めました。

これがアコムの前身ですが、この頃はまだ質屋なので、個人経営だったわけですね。

まだ消費者金融という言葉すらなかった時代です。

日本が高度成長期の真っ只中だった1960年には、質屋の経験を活かし勤人信用貸という金融業を始めました。

後の表現で言えばサラリーマン金融、いわゆるサラ金の元祖ですね。

この勤人信用貸がアコムに繋がっていきます。

 

アコム設立、消費者金融ブームの火付け役に

日本が高度成長期を終えた頃の1978年、木下氏は消費者金融のアコム株式会社を設立しました。

ACOMとはAffection(愛情)、Confidence(信頼)、Moderation(節度)の略語です。

しかしこの頃はまだ消費者金融は一般的ではありませんでした。

サラ金のような貸金業は、怪しげな商売と思われていたのです。

その状況が一変したのは、バブル景気を経た1990年代でした。

テレビCMに消費者金融が多く進出したのです。

特にアコムは無人契約機をアピールしました。

「ラララむじんくん」というCMが大ヒットしたのです。

また、若い女性タレントをCMに起用し、消費者金融のイメージアップに成功しました。

そして東証一部に上場したのです。

 

三菱UFJフィナンシャルグループの傘下、そしてマスターカードと提携

21世紀に入り消費者金融業界は逆風に晒されました。

利用者のお金の借り過ぎが社会問題となり、自己破産する人が続出したのです。

そのためグレーゾーン金利廃止や総量規制など、様々な法律により消費者金融は今までの商法では成り立たなくなりました。

そんな中、アコムは2004年にメガバンクを運営する三菱東京フィナンシャルグループと業務提携を結びました。

現在ではアコムは、三菱UFJフィナンシャルグループの傘下となっています。

さらにアコムは日本の消費者金融業者として唯一、アメリカのクレジットカードの国際ブランドであるマスターカードからライセンスを与えられているのです。

 

アコムの申込条件や審査基準などについて

アコムは前述したように消費者金融です。

消費者金融は銀行系カードローンや信販系カードローンに比べて審査がさほど厳しくないと言われています。

本当でしょうか。

この項では、アコムの申込条件や審査基準などについて調べてみました。

 

アコムの審査は昔に比べて厳しくなっているの?

カードローンに申し込むとき、最も気になるのは審査に通るのかどうか、ということでしょう。

できれば審査が厳しくなければ、融資を受ける可能性が高くなります。

しかし実際には、審査基準は公表されていないため、昔と比べて厳しくなっているのかわかりません。

明確な基準は、審査する側でないとわからないのです。

ただ現実的にはカードローンで緩い審査など有り得ません。

消費者金融も営利目的で商売をしているわけですから、返済能力のない人にお金を貸したりはしないのです。

さらに法整備が曖昧だった1990年代に比べれば、現在では法律の壁があってそう簡単に借り入れはできないのが現状でしょう。

以前のように、簡単にお金を貸して高い利息を取るということはできなくなりました。

そういう意味では、アコムの審査も昔に比べれば厳しくなったと言えなくもありません。

しかし、それは利用者の借り過ぎによるリスクを防いでいるとも言えるのです。

 

アコムのスペックについて

それでは、コムのスペックはどうなっているのでしょうか。

以下にそれを記してみます。

  • 申込条件は20歳から69歳までの安定収入がある人
  • 融資限度額は1万円から800万円
  • 金利は実質年率3.0パーセントから18.0パーセント
  • 遅延損害金は年率20.0パーセント
  • 返済方式は定率リボルビング方式
  • 返済期間は最終借入日から最長9年7ヵ月
  • 返済回数は1回から100回
  • 担保および保証人は不要
  • 入会金および年会費は不要

 

アコムの融資限度額が1万円から800万円というのは、消費者金融としては高い方だと言えるでしょう。

金利の実質年率3.0パーセントから18.0パーセントというのも、妥当だと言えます。

それでは、契約極度額に対する金利を見てみましょう。

契約極度額というのは、融資限度額と考えて差し支えありません。

また、年利とは実質年率のことです。

  • 契約極度額が1万円から99万円の場合は年利7.7パーセントから18.0パーセント
  • 契約極度額が100万円から300万円の場合は年利7.7パーセントから15.0パーセント
  • 契約極度額が301万円から500万円の場合は年利4.7パーセントから7.7パーセント
  • 契約極度額が501万円から800万円の場合は年利3.0パーセントから4.7パーセント

 

アコムに初めて申し込んだとき、下限金利となることは考えにくいので、最初は年利18パーセントからと考えた方がいいでしょう。

 

アコムには30日間無利息サービスあり

アコムには、30日間の無利息サービスがあります。

サービス期間中は金利が0円となります。

つまり利息が一切かかりません。

30日間無利息サービスの条件は以下の通りです。

  • 初めてアコムと契約する人
  • 返済期日を35日ごとで契約した人
  • 無担保カードローンで契約した人。クレジットカードや借り換えローンなどは対象外

 

30日間無利息サービスが適用されるのは、アコムと契約した日の翌日からです。

初めて借り入れした日の翌日からではないのでご注意ください。

つまり契約すると借り入れしなくても、無利息期間は始まっているということです。

即ち、契約して1ヵ月間借り入れしなければ、無利息サービスは終わってしまいます。

無利息サービスの30日間を超えて借入残高が残っている場合は、その分だけ通常金利がかかります。

いずれにしても、無利息でお金を借りることができるのは願ってもないサービスなので、ぜひ活用しましょう。

 

アコムの審査に通るための条件

アコムの審査が厳しいのかどうかはともかく、通るためにはある程度の条件があります。

ただし、前述したようにそれは公表されていないため、どのような条件なのかはわかりません。

しかし、ある程度の目安はあるようです。

それでは、アコムの審査の合格ラインは、どのようになっているのでしょうか。

 

労働以外の収入は不可

前項でも説明した通り、アコムの申込条件は20歳から69歳までの安定収入がある人、となっています。

それでは、どのような人が安定収入と認められるのでしょうか。

安定収入とは、簡単に言えば労働による収入のことです。

正社員なら文句ありませんが、アルバイトやパート、派遣社員や自営業者でも構いません。

働いていて、月々に決まった収入があればいいのです。

自営業者で言えば、月によって収入が大きく違う場合もありますが、毎月の収入があれば問題とはなりません。

ただし、3ヵ月に1度ぐらいしか収入がない場合は、審査に落ちることもあります。

その際でも、その3ヵ月に1度の収入が莫大な場合は、審査に通るかも知れません。

労働による収入というのは、以下のようなものを指します。

  • 給与収入
  • 事業収入
  • 不動産収入
  • 投資による収入

 

給与収入とは普通の会社員、事業収入とは自営業などですね。

不動産収入は、持ち家をアパートとして家賃を得ていたり、土地を駐車場にして駐車料金を徴収していたりする場合です。

投資による収入は、株やFXなどのトレーダーが当てはまります。

ただし不動産収入や投資による収入は、審査には不利になると思っておいてください。

配偶者に安定収入があっても、専業主婦の場合は申し込みできません。

年齢条件を満たしている主婦がパートなどをしていれば、安定収入とみなされて申し込みは可能です。

これは学生のアルバイトでも同じことです。

それでは、年金生活者はどうなのでしょうか。

この場合は、残念ながら安定収入とは認められません。

生活保護者も同じく、申し込みはできないのです。

つまり労働の対価としての収入が、アコムの申込条件というわけです。

 

勤続期間はどれぐらいから?

アコムの審査は、収入が多いほど有利なのは間違いありません。

しかし、それだけでもないのです。

月収は多いけれど、すぐに収入が滞ってしまう人よりも、月収は低くても、毎月の給料をきちんと得ている人の方が有利となります。

大企業に勤めている人は審査に有利なのは間違いありませんが、大企業に入社したばかりの人よりも、中小企業に10年間勤めている人の方がアコムでは信用されるのです。

それではどのぐらい勤めていれば、アコムに申し込むことができるのでしょうか。

最低条件としては、入社して初日でも申し込みは可能です。

会社に属している時点で、安定収入があると認められるからです。

しかし高額の融資は期待できません。

もちろん審査に落ちる可能性もあります。

できれば1ヵ月ぐらいの勤続期間はあった方がいいでしょう。

 

休職中の場合はアコムに申し込めるの?

就職していても、やむを得ず休職する場合があります。

たとえば、産休や育休などがその例でしょう。それでは、休職中でもアコムに申し込むことはできるのでしょうか。

残念ながら、休職中だとアコムに申し込むことはできません。

休職では、安定収入と認められないからです。

 

ブラックリストに載った場合、審査には通らない

金融の世界では、ブラックリストという言葉があります。

お金を借りても返済が延滞している場合、信用情報機関に名前が載ってしまいます。

これを、ブラックリストに載る、と言います。

ブラックリストに載った場合、アコムの審査に通ることはまずないでしょう。

ブラックリストは、全ての金融業者が把握しているからです。

とはいえブラックリストは一生ものではありません。

5年から10年経てば、ブラックリストから消えます。

それにアコムの場合、ブラックリストではなく単なる金融事故ならば、審査を受けられる可能性もあります。

延滞を解消した記録があれば問題なしと判断されるかも知れません。

 

他社からの借り入れが多いと、アコムの審査には落ちる

アコム以外の金融業者から借り入れが多い場合、審査には落ちてしまいます。

金融業者は、他社の借り入れ状況も把握しているのです。

他社からの借入金額が大きいのはもちろん、借入件数が多過ぎるのもいけません。

多くの業者からお金を借り入れていると、返済能力がないと判断されるのです。

もう一つ、申込ブラックという言葉があります。

何件もの金融業者に借り入れを申し込んでいる人のことを、そう呼びます。

ほぼ同じ時期に、何件もカードローンに申し込むと、よほどお金に困っていると思われてしまいます。

つまり、返済能力に疑問符が付くわけですね。

何社も同時にカードローンを申し込むのはやめましょう。

その分、審査落ちする可能性はますます高くなります。

 

アコムの限度額について

アコムの限度額は、1万円から800万円となっています。

つまり最大で800万円まで借りることができるわけですね。

それでは、本当に800万円も借りることができるのでしょうか。

アコムの限度額について調べてみました。

 

初めてアコムに申し込んだ場合、限度額は10万円以下がほとんど

アコムの最高限度額が800万円だからと言って、本当に最初から800万円も借りることができるとは期待しない方がいいでしょう。

最初の限度額は、10万円以下がほとんどです。

その理由として、利用者の返済能力がわからないからです。

よほどの高収入である場合は別ですが、最初から高額の借り入れを当てにしてはいけません。

特に65歳以上の高齢者の場合は、最初の限度額は低いと考えた方がいいでしょう。

もちろん年収が低かったり、勤続期間が短かったりした場合は、高額の借り入れはできないと思われます。

金利も99万円以下の場合は年利7.7パーセントから18.0パーセントとなっていますが、年利7.7パーセントとなることはまずありません。

最初は年利18パーセントからと考えるべきです。

これは消費者金融としては妥当な金利と言えるでしょう。

アコムの金利が特別高いわけではないのです。

 

アコムは総量規制の対象

アコムでの借り入れが、最高の800万円には簡単にできない理由はまだあります。

それはアコムが総量規制の対象だからです。

総量規制とは、年収の3分の1を超える借り入れはできないという制度です。

これはアコムだけではなく、消費者金融を含む全ての貸金業に課せられた制度なのです。

銀行系カードローンは総量規制の対象外ですが、メガバンクなどでは総量規制に関し自主規制を行っています。

総量規制が導入された背景には、前述したように利用者の借り過ぎによる社会問題がありました。

お金を借り過ぎた人たちが、自己破産に陥るケースが続出したのです。

そのため、貸金業者は利用者の年収の3分の1を超えて貸すことはできなくなりました。

仮に800万円のお金を借りようとしたとき、総量規制の前では年収が2,400万円以上必要となります。

プロ野球選手や芸能人ならともかく、一般サラリーマンで2,400万円以上の年収がある人はほとんどいないでしょう。

たとえば年収300万円の人は、アコムで借りることができる金額は100万円までということになります。

年収の身の丈に合った借り入れをしましょう。

 

総量規制の対象はアコムだけではない

それでは総量規制に則って年収300万円の人が、アコムから100万円を借りることができるのかと言えばそうとも限りません。

総量規制の対象となるのは、1社のみではないからです。

仮にアコム以外の金融業者から20万円を借りていたとすれば、年収が300万円であったとしても20万円分が引かれてしまいます。

つまり、アコムでは80万円までしか借りることができません。

もちろんこれは総量規制での話であって、アコムの審査次第では80万円も借りることができない可能性があります。

当然、アコムに申し込む時点で、他社から年収の3分の1を借り入れしていたら審査に落ちてしまいます。

総量規制の前では、既に年収の3分の1以上を借り入れしていると、アコムからは1円も借りることはできないからです。

 

アコムは申し込んでから最短で即日融資が可能

アコムは審査スピードに定評があります。

最短で即日融資も可能なのです。

もちろんこれは、最短で即日融資が可能というだけで、場合によっては即日融資ができないこともあるのですが。

それでは、アコムの申込方法を見てみましょう。

 

アコムの申込方法は5つ

アコムには、申込方法が5つあります。

その方法は以下の通りです。

  • インターネット
  • アコム店舗
  • 自動契約機
  • 電話
  • 郵送

 

このうち、今回は最も便利なインターネットでの申込方法を説明します。

 

3秒診断で借り入れ可能かチェック

まずはインターネットでアコムのサイトを開いてください。

そして正式に申し込む前に、3秒診断を受けましょう。

3秒診断で審査に通る見込みがないようなら、実際の審査は受けない方が無難です。

前に説明した通り申し込み件数が多くなると申込ブラックとなって、他社のカードローン審査も落ちる可能性が高くなるからです。

3秒診断というボタンを押して必要事項を記入してください。書き込むのは、以下の3項目です。

  • 年齢
  • 年収
  • カードローン他社の借入状況

 

借入状況に関してはクレジットカードでのショッピングや、銀行からの借り入れは含みません。

銀行カードローン、住宅ローン、自動車ローンなども書き込まなくて結構です。

他社からの借り入れがない場合は0と記入してください。

3秒診断でお借入できる可能性が高いです、と判定されたら申し込みを始めましょう。

お客さまのご入力情報ではお借入可能の判断ができませんでした、という判定ならば、残念ながら審査に合格する可能性は低いと思われます。

もちろんお借入できる可能性が高いです、と判定されても実際の審査には落ちることもあるのでご了承ください。

 

即日融資を可能にする時間帯

アコムの審査は最短30分を謳っています。

融資時間は申し込みから最短で1時間です。つまり、即日融資も可能というわけですね。

しかし、必ず即日融資してくれるわけではありません。

当然のことながら、申込時間が早い方が即日融資を受ける可能性が高くなります。

インターネットからの申し込みなら、365日24時間いつでも受け付けています。

とはいえ、いつ申し込んでも即日融資してもらえるわけではないのです。

インターネットから申し込んで、口座に振り込みしてもらう場合には、平日の14時までに契約を済ませておかなければ即日融資は受けられません。

インターネットから申し込んで自動契約機で契約した場合なら、曜日に関係なく21時までに契約を終えれば即日融資を受けることが可能です。

 

インターネットから申し込み

それでは、インターネットから申し込んでみましょう。

アコムのサイトから、今すぐお申し込み、のボタンを押してください。

必要事項を記入し、送信します。

仮審査が終わると、メールや電話にて申込内容を確認するので、それに答えてください。

 

本人確認書類の提出

本審査を受けるためには本人確認書類を提出しなければなりません。

その際、郵送で本人確認書類を提出となると時間がかかりますよね。

しかしアコムではスマートフォンやデジタルカメラで撮影した本人確認書類を、アプリやアップロードで提出することができます。

本人確認書類は、以下のうちの1点をご用意ください。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 個人番号カード

 

なお健康保険証など顔写真のない書類に関しては、住民票や公共料金の領収書なども添えてください。この場合は、6ヵ月以内の書類が必要です。

外国籍の人は、在留カードまたは特別永住者証明書もご用意ください。

さらに、50万円を超える借り入れをする人、あるいは他社も含めた借入総額が100万円を超える人は収入証明書が必要となります。

収入証明書としては、以下のうちの1点が認められます。

  • 給与明細書
  • 源泉徴収票
  • 市民税、県民税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書、青色申告書、収支内訳書

 

なお給与明細書は直近2ヵ月分の給与明細書と直近1年分の賞与明細書を提出してください。

 

在籍確認について

アコムに申し込んだ際、本人確認書類を提出した後に在籍確認が行われます。

在籍確認の方法としては、申込者が勤めている職場に電話が掛かってきます。

このとき、本人が職場にいれば一番いいのですが、申込者がいなくても問題ありません。

電話が職場に掛かってきたとき、職場の人間が「○○は今、席を外しています」とか「○○は本日、お休みをいただいております」などと答えれば、申込者がその職場に勤めていることが確認できるからです。

在籍確認の際、アコムの担当者は、自らがアコムとは名乗らないのでカードローンに関する電話だとはばれません。

あくまでも担当者名で電話を掛けてきます。

もし、どうしても職場に在籍確認の電話を掛けて欲しくない場合は、書類の提出により在籍確認の代わりと認められる場合もあります。

その書類とは以下の通りです。

  • 給与明細書
  • 社員証
  • 会社発行の健康保険証

 

ただし、これらで必ずしも在籍確認の電話が避けられるわけではありません。

仮審査が終わった後の電話連絡で、在籍確認に関して相談しましょう。

 

本審査に合格すれば契約

本審査に合格すれば、晴れて契約となります。

この際、会員ログインして振り込みによる借り入れが可能です。

振込手数料は無料で、カードは後日に郵送されます。

融資を急ぐ人は、自動契約機のむじんくんへ行って、カードを受け取ることも可能です。

むじんくんなら、8時から22時まで利用できます。

 

豊富な利用方法のバリエーション

アコムを利用する際、どのような方法があるのでしょうか。

実は、その方法は多岐にわたっているのです。

アコムの利用方法を見ていきましょう。

 

アコムから借り入れる際の方法

コムからは、以下の方法で借り入れが可能です。

  • パソコンやスマートフォンなどのインターネット
  • コンビニエンスストアのATM
  • アコムの店頭窓口
  • アコムのATM
  • 口座振込

 

コンビニATMにはセブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、イーネットがあります。

これらを利用した場合の手数料は1万円以下で108円、1万円超で216円となります。

 

アコムの返済方法

アコムには、以下のような返済方法があります。

  • 口座振替の自動引き落とし
  • Pay-easyによるインターネット返済
  • カードによるATMからの返済

 

自動引き落としだと返済忘れによる延滞がないので便利ですね。

インターネットによる返済は、銀行の営業時間に関係なく24時間行うことができます。

 

アコムの増枠について

アコムの限度額は1万円から800万円です。

これは、消費者金融としては高額と言えるでしょう。

しかし、前述したように総量規制によって、800万円の限度額になる人はほとんどいないと思われます。

とはいえ、限度額を増枠することは可能なのです。

それでは、アコムの限度額を増枠する方法を見てみましょう。

 

初めてアコムに申し込む際は、限度額は低めに設定する

カードローンに申し込んだとき、誰でもできるだけ限度額を高く設定したいものでしょう。

しかし限度額を高くすると、審査に落ちる可能性が高くなります。

限度額が高くなると、審査のハードルまで高くなるからです。

審査に通るためにも限度額はできるだけ低く設定してください。

限度額を必要最小限の高さにしておけば、審査のハードルも下がります。

即ち、アコムと契約しやすくなるのです。

まず第一にアコムの審査に通ることを目標としましょう。

限度額はアコムと契約した後でも増枠できるのです。

 

アコムには、限度額の増枠に関する期間はない

カードローンの中には新規に契約した利用者に対して一定期間を経なければ、限度額の増枠を認めない業者があります。

しかしアコムでは、そのような期間はありません。

つまり初めて契約してもすぐに、限度額を増枠できるチャンスがあるのです。

それだけに、まずはアコムの審査に合格することだけを考えて、あまり欲張らずできる限り低い融資額を希望した方が得策です。

契約した後に限度額を増枠した方が、遙かに合理的でしょう。

 

増枠の審査により、減枠する可能性もあるので要注意

限度額を増枠するためには、当然のことながら審査があります。

審査に通らなければ、限度額を増枠できません。

気を付けなければいけないのは、限度枠の増枠を希望したものの、審査によって限度額が減枠される可能性もあるということです。

増枠の審査は、新規契約の審査よりも厳しいと言われています。

増枠を希望したのに、減枠されてしまえば審査を受けた意味がありません。

限度額を増枠したい場合は、慎重に経済状況を把握しましょう。

アコムに申し込んだときよりも、給料は下がっていないかとか、借り入れが増えていないかとかをチェックすべきです。

初めてアコムに申し込んだときよりも、経済状況がいいと判断すれば、限度額の増枠を申請してもいいでしょう。

もちろん、その際にも身の丈に合った増枠を希望してください。

アコムは非常に手軽で、申し込みやすいカードローンと言えます。

審査も他社に比べて特別厳しいわけでもなく、それでいて三菱UFJフィナンシャルグループという大手金融機関の傘下にあり、さらに国際ブランドのマスターカードと提携しているというのも魅力でしょう。

誰でも気軽に利用できる、これがアコムの真骨頂です。

カードローンに申し込むとき、まずアコムを頭に入れておいた方がいいと思われます。

 

【参考URL】
https://ja.wikipedia.org/wiki/アコム
https://www.acom.co.jp/p/lp/cashing/10/index.html?p1=prsg180&td_y_k=02&amp%3b&amp%3b&amp%3b&amp%3b&amp%3b&amp%3b&amp%3b&amp%3b&gclid=CLC2lKjv-N8CFQIBXAod2QAGtQ&gclsrc=ds
https://www.acom.co.jp/faq/apply/
https://www.acom.co.jp/first/cardloan/teach/02/#4
https://www.acom.co.jp/first/apply/internet/